FC2ブログ
ゲームが趣味(?)の管理人が、テレビゲームの音楽を1曲1曲語るゲーム音楽ブログ。FF,DQ,クロノ,任天堂等のゲーム音楽を語りまくります! -ゲームBGM徒然草-

ゲーム音楽徒然草 FF・クロノなどの音楽



↓ 管理人の別働サイト。こちらもよろしく! ↓
ゲーム音楽MIDI・MP3サイト「会長?のざぶとん」。無料でFFなどゲーム音楽をダウンロードできます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ブログランキング 

ファミコン最後の超名作 ファイナルファンタジー3 オリジナル・サウンド・バージョン


 今回は、私が最初にプレーしたFFシリーズ(幼稚園くらいか?)であるファイナルファンタジー3の全44曲について、
1曲1曲語っていきたいと思います。
ノイズのドラムパートも含めて、全4音だが、
この完成度は計り知れないものがあります!
テンション上げずには語れませんぜ!(^^
1.プレリュード

 がーーん!!
FF2よりも輝かしく、丸く、蒼いクリスタルがまばゆい光をたたえているかのような美しい音色のプレリュードである。
いきなり耳を驚かせてくれる、かなりの名曲であると言える。

2.クリスタルのある洞窟

 静かなイントロから、いきなり禍々しげなメロディーが特徴的。
後ろのclaviの旋律も、非常にしぶい!
ベースのSineWaveもいけてます。

3.バトル1~ファンファーレ

 ぐぅぉおーーーー!!
音色のどれをとっても全く無駄の無い、非常に完成度の高いバトル曲である。
メロディーと伴奏、ベースの3パートしかないのに、
これだけ聞かせる絡みをしているとはすさまじいものがある。
またノイズ音のドラムは秀逸である。

 ファンファーレも小気味よいドラム音が印象的。

4.クリスタルルーム

 プレリュードの旋律を工夫して、
かなり不思議な雰囲気をつくりあげている。
うーむ、これも良い。
FF9のラスボス前でこの曲のアレンジが流れたときは、嬉しかった。

5.オープニング・テーマ

 FF3の音楽の完成度をうかがわせる超名曲。
元のメロディーや伴奏が良い、というのはもちろん、
これを非常に気持ちよく表現した音色が素晴らしい。
伸びのあるメロディーや、優しい伴奏、
これらはFF3の音楽共通の長所であろうと思う。
素晴らしい音色を作ったものである。

6.故郷の街ウル

 FFシリーズの街の曲は非常に良い曲が多いが、
この曲もそのうちの1曲に数えられる名曲だと思っている。
FF3特有の伸びのある透き通ったメロディーが非常に印象的。

7.悠久の風

 3のフィールドの曲にして、3の音楽を代表する名曲。
伸びのある透き通ったメロディーと、
それをひきたてるメロディアスなClaviが、たまらない!
ベースも言うこと無しで、
フィールドに出てこの曲を聴くと、
もっともっと冒険がしたくなってくる、
そんな気分にさせてくれる名曲である。

8.ジンの呪い

 あやしい系の曲。
曲調には、呪いというよりはいじわるみたいなひょうきんさがある。
実際に起こっている呪いはとても恐ろしいし、
画面的にもなんだかすごくショッキングなのであるが…。(笑

9.ダンジョン

 クリスタルのある洞窟、に比べると、
随分緊張感の薄い曲であるが、
テンポがいじってあったり、強弱がいじってあったり、
音色の割には随分完成度が高い曲である。

10.勇者の帰還

 ダンジョンなどをクリアした後に戻るとこの曲が流れる。
非常におめでたい曲だし、すぐにループするため、
一度聞いたらなかなか頭から離れない。(笑
でもお城のトランペットを思わせるメロディーの響きは相当良いです。

11.山頂への道

 ずんずん山道を登っていく感じが曲調に出ています。
いやはやー、バハムートはさほど強くないけど倒せなかった…。
残念。

12.小人の村トーザス

 十全に明るいひょうきんな曲。
この曲はピアノでノリノリで弾くととても楽しい曲だろうし、
いすとりゲームとかでも楽しく使えそうである。
メロディーは後半が特に綺麗。

13.ネプト神殿

 いかつい系の曲で、なかなか気が引き締まる。
メロディーのclaviが聴かせてくれて、なかなかかっこいい。

14.エンタープライズ海を行く

 SineWaveのリズムから、メロディーと伴奏が入る。
この曲の爽快感は非常に素直に表現されていて、
海を軽快にわたるエンタープライズの心地よさをそのまま伝えてくれる。
SineWaveとメロディーの絡みが印象的。

15.生きている森

 Claviのメロディーが伸びつつ絡んで、
後ろのSineWaveは手動ディレイで鳴り響いている。
不思議系の曲。

16.古代人の村

 メロディアスで印象的な曲。
FF3の、優しい音色が良く似合う穏やかな曲である。
どこか哀愁を漂わせる最後のテンポダウンがにくい演出である。(笑

17.チョコボのテーマ

 個人的にはチョコボのテーマの原点。
Bボタンを押せばすぐに「悠久の風」が流れてきてしまう。
画面もばたばたしてるし、こっけいでなかなか楽しい。

18.でぶチョコボあらわる

 変な曲だが、でぶチョコボのおかしさをうまく表現している。
もぐっもぐっ。

19.オーエンの塔

 明るい曲が続いていたが、この曲は随分重い。
デッシュが自分の身を犠牲にする悲惨な場面に遭遇することもあってか、
非常に禍々しい雰囲気を生み出している。
メロディーも伴奏もかなり主張が強く、印象的。
このダンジョンにはあまり長くいたくない。(^^;

20.ギザールの野菜

 再び、明るいこっけいな曲。
話しかけると音楽がストップして、メェメェ言う場面が思い浮かぶ。
特になんということもないが、楽しい曲。

21.ハインの城

 1つしかないダンジョン系はどの曲もメロディアスでかっこいいが、
この曲もかなりかっこいい。
メロディーの展開がしっかりしているし、
それぞれのパートに主役がいて、名脇役がいる。
何度も聞きたいダンジョンの曲、ナンバー1か。

22.バトル2

 ぎょわーー!
この曲はアツい!
最初の部分で気持ちのテンポを上げておいて、
展開部分で伸びのあるSquareWaveが下って、上りあがる。
そしてメロディーで盛り上げ盛り上げ、満身創痍のサビ部分、
と、非常にはっきりしていてわかりやすいボスバトル曲であるが、
どの部分も一つ一つの音色が洗練されていて、聞いていて心地よい。
バトル曲が良いのはFF3の音楽の大きなポイントであろう。

23.レクイエム

 これはかなり哀しい…。
長い、長くて感情的な旋律が続くため、
場面の哀しさをより引き立ててくれる。
普通に哀しい場面で流れるため、ぴったりである。

24.エンタープライズ空を飛ぶ

 十全に爽やかなエンタープライズが、今度は空を飛ぶ!
RPG史上恐らく最も速いであろう飛空挺であるエンタープライズが、
すっ飛んでしまっているのがよくわかる。
(イントロのビューン↑など。)
兆速の飛行で、最後に勢いあまって舞い上がっちゃうなど、
気持ちよさを全面に引き出した名曲である。

25.果てしなき大海原

 個人的には美しい曲部門賞に入る名曲。 
透き通ったメロディーが非常に美しい!
浮遊大陸から出て、いったいどうすればいいのかわからずに悩み苦しむプレイヤーの姿とは大違いである^^;

26.水の巫女エリア

 果てしなき大海原とともに美しい曲部門にランクイン!
この曲のメロディーも、意識が飛ぶほど美しい…。(あぁ~)
この曲は、アレンジバージョンも美しいので、
是非悠久の風伝説のほうも参照してもらいたい。
客観的には、この曲がFF3を代表する名曲だという人は多いんじゃないかな。

27.アムルの街

 ちょっとのっぺりした街の曲だが、
この曲もなかなか美しい。
個人的にはウルのほうが好き^^

28.ピアノのおけいこ1
29.同2

 がっかりされるとことか、たまんねー^^;

30.スイフト・ツイスト

 幼稚園時代、この曲を聴くだけでもうおなかいっぱいであった。
というか、飽きずに何度も何度も聞いていた。
我ながら非常にアホなのであるが、
この曲のノリのよさはFF随一である。
次にこの曲のようなノリが現れるのは、FF6のジョニー・C・バッドか。

31.4人組じいさんのテーマ

 なかなかくどい4人組じいさんのテーマ。
空元気なところがもはやちょっと耳にうるさい。(^^;

32.隠れ村ファルガバード

 ぎょおーー!!
なんでFF3にはこんなに名曲が多いのであろう!!!
中盤からのメロディーと伴奏の絡みなど、本当にやばい!
密やかに光をたたえている美しさが其処此処にあふれ出ている。

33.巨大都市サロニア

 巨大都市というだけあって、なかなかくせのあるえぐい曲調だ。
(MOTHER2のフォーサイドとは全く違う。w)
帝国の融通の聞かなさを表現するような感じかな。

34.潜水艇ノーチラス

 なんで乗り物の曲はこんなに良い曲が多いんだろう!!
ということで、潜水艦ノーチラスです。
この曲の深さと美しさも、たとえようのない良さがある。
悠久の風伝説にも好アレンジで収録されているので、是非聞いてもらいたい。

35.海底神殿

 クセをつけてあるClaviが非常に印象的。
一度しかないダンジョンで、これほど印象的な曲が揃っているゲームも珍しいのではないだろうか?
この曲も伴奏のClaviがフェードアウトしながら曲の雰囲気をひきたてており、
海の底を演出していると感じた。

36.ドーガとウネの館

 FF9で再び使われるほどの名曲!
この曲も、画面をつけっぱなしにして何度も何度も聞き続けたものである。
最初のイントロの静けさと、
その後のメロディーと伴奏の美しさが心を洗う。
名曲という言葉を連呼しまくっているが、名曲だと思う。

37.ノアのリュート

 透き通るメロディーと、これ以上ないというテンポの動きが、
非常に洗練された短い曲を好印象なものにひきたてている。

38.ウネの体操

 いわゆる恥ずかしい系の曲だが、元気があってよいと思う。w

39.巨大戦艦インビンシブル

 なんで乗り物の曲はこんなに良い曲がお(以下略
この曲も名曲認定でしょう。
特に前半の優しげな音色のメロディーの伸びが、本当にたまらない。
後半のしっかりした音色の部分も、言うこと無いです。

40.禁断の地エウレカ

 一度しか流れない曲でこんなに名曲が多いって、すげーなぁ。
そういう曲が登場するたびに、心打たれます。
ラストダンジョンにくっつくかっこいい場所ということで、
この曲もダンジョン進行のテンションをひきたててくれます。

41.クリスタルタワー

 け、気高い!!
どの音色も、クリスタルタワーというダンジョンの名前に劣らない、
非常に洗練された音色を奏でています。
まいった。

42.闇のクリスタル

 うぐぉおーーーーー!!!(涙
ノーセーブの闇の世界でこの曲に巡り合ったとき、
思わず涙が出てしまう人もいるのではないでしょうか?(いないかな^^;
透き通るメロディーと、
強い伴奏が最後の戦いへの歩みを勇ましいものにしています。

43.最後の死闘

 イントロ部分がかなり長いが、
この曲もまたFF3のバトル曲が良いという評価に一役買っている。
ラスボスがしまりのある曲だというのはすごいことだ。

 イントロ部分が終わって本編のイントロでは、
いきなり禍々しくやってくれるし、
ノイズのドラムが思いっきり頑張っている。
どのパートも自己主張を最高にして思い切り暴れまわっているが、
それがまた完成度が高く、もう言うことはないのである。
この曲でラスボスと戦えるプレイヤーは、幸せである。

44.エンディング・テーマ

 FF3は、最後の最後まで名曲である!
透き通るメロディーで戦いのあとの静けさと余韻、
そして少々寂しさを醸し出しながら、
このメロディーのパートはテンポダウンとともに幕をとじる。

 続いて、Claviのにぎやかなイントロが続き、
インビンシブルのメロディーが晴れやかに響き渡る。
SineWaveのベース音も良い動きをして曲を盛り上げているし、
4パート全てがこの上ない完成度を以って一つの曲を生み出している。
この曲はまさにFF3の集大成にふさわしい曲であり、
すごく想いを込めて作られた曲だろうなあというのがひしひしと感じられる。

 後半部も、プレリュードを導入にして、
プレイヤーをねぎらう旋律が続いていく…。
いよいよ終わりが近づいてきたと感じさせる展開の後にも、
オープニングテーマのアレンジの挿入など、
最後までしっかりと聴かせてくれる。
間違いなく名曲である。







 くっ…。
またFF3がやりたくなってしまったぜ…(涙


スポンサーサイト


FC2ブログランキング 



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
自分も最初にプレイしたのはFF3ですね。
5歳くらいのときだったかな?
あんこくけんのコマンドでないと分裂する敵をひたすら
通常攻撃し続けて死闘を繰り広げてたのを
何故か覚えています(笑
2006/05/19(金) 21:53:13 | URL | byさすらい (#-) [ 編集]
>あんこくけんのコマンドでないと分裂する敵をひたすら
>通常攻撃し続けて死闘を繰り広げてた

 自分も幼い頃全く同じことをやって、非常に焦っていた覚えがあります。
攻撃しても攻撃しても、敵が減らないというのはもはや地獄ですからね。^^;
5歳のこどもがゲームの内容を全てまともに理解できるわけもなく…(涙
2006/05/24(水) 01:40:05 | URL | by会長? (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。