ゲームが趣味(?)の管理人が、テレビゲームの音楽を1曲1曲語るゲーム音楽ブログ。FF,DQ,クロノ,任天堂等のゲーム音楽を語りまくります! -ゲームBGM徒然草-

ゲーム音楽徒然草 FF・クロノなどの音楽



↓ 管理人の別働サイト。こちらもよろしく! ↓
ゲーム音楽MIDI・MP3サイト「会長?のざぶとん」。無料でFFなどゲーム音楽をダウンロードできます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ブログランキング 

ファイナルファンタジー6 オリジナル・サウンド・バージョン DISC3 続き


 こんばんは!会長?です。

 それでは、FINAL FANTASY 6 のDISC3の残りの8曲を行きたいと思います。
この8曲は、今までのFFシリーズ(1,2,3,4,5)のどの8曲よりも濃いですよ。(笑
9. 墓碑名

 イントロからギターの落ち着いた音色が響く。
そして高音が曲全体を包み込むように奏でられている。
この曲のフルートは決して広がりは持たないが、
そのチープさがまた良いのではないだろうか。

10. からくり屋敷

 個人的には、FF6の中でかなり怪しい曲の1つだと思う。
ストリングスとベースがちょっといやらしい。
いろんな音色が使ってあるし、リズム・テンポの変化もあるので、
からくり屋敷という名に負けていない曲である。

11. ウーマロのテーマ

 ウーマロは個人的にはかなり陰の薄いキャラである。
笛のメロディーとストリングスの伴奏で進行していくが、
前半はもっさりした感じで、後半はもそもそした感じである。
ウーマロっぽい。

12. 狂信集団

 FF6の迷曲。
「ドンドンドン・・・ドラドラドラドラでれでれでれでれだらだらだらだらオォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーオォーーーーーーーーーーーー

 …変。こりゃ狂信集団だ。(笑

13. 邪神の塔

 「狂信集団」に比べると随分「邪」が無い気がする。(笑
イントロのイガイガした雰囲気の割には、
主旋律はなかなかメロディアスで美しい。
トランペットとストリングスがかなり頑張っているし、
ベースのハリも良くけっこう意気が上がる。
小太鼓のリズムも好きである。

14. 妖星乱舞

 ・・・ではいきまっか!
この曲と次の曲に限ってはタイプウェル殿堂入りタイパーによる実況中継です。

 第1楽章。
いきなり鐘とパイプオルガンが響きわたり、
ベースの揺らぎと反響音が敵とフィールドの大きさをあらわしている。
何の声かもわからぬ咆哮が響き渡るとともに、
聞き覚えのある旋律でパイプオルガンが張り渡る。
コーラスの挿入で雰囲気を統一した後、
激しいリズムで小太鼓・エレクトリックピアノ等が暴れまわっている。
そして再び最初の旋律へ。
なんという調和であろうか。
ほぼ同じ繰り返しで進行するが、完成度の高さに聞き惚れる。

 第2楽章。
4分30秒ぐらいから曲調が変化。
「オッオッオッオッオッオッオッオッオー!」の連呼。
おぉ・・・・連呼だ連呼だ。
やはりどことなく間抜けな感じが否めないが、
まだまだ先が長いと思うとこういうのもありであろう。
繰り返しの後、
パイプオルガンのみで天空からこぼれ落ちるように旋律が展開。
さらに、単独で地を振るわせた後、
一気に天高く駆け上がり、天空を暴れまわりかき乱した後、
空全体を包みこみ雷鳴のごとく存在感を主張。
再び「オッオッ・・・」の連呼に戻る。
タイピングが追いつきホッとする。

 第3楽章。
8分過ぎ。美しいー!美しすぎる!
パイプオルガンのみの旋律で、天空を厳かに包み込んでいる。
先ほどまでの陰気さは消え、
暗黒といえどあまりにも美しく反響旋律に、思わず心奪われる。
響き渡る乱打に続く、乱高下するオルガンの音色…。
これはもはや文字では語りつくせない。
そして、壮絶なアップの後フィニッシュ。
再び第3楽章の始めに戻る・・・。
これは本当にバトル曲なのであろうか?
FF8のパイプオルガンもすごいが、
やはりこの6でのパイプオルガンがモデルケースになってはいるだろう。
それにしても、このラスボス曲はすごすぎる。

 そして11分30秒ごろ、フェードアウトし、
パイプオルガンが静かに重なっていく。
そして、鳴り、響き渡る。第4楽章。

 突然乾いたパーカッションが登場。
独特のオルガンが頭を張るなか、ドラムスがフルに頑張る、
今までとは一変したバトル曲に!
スネアの乾いた響きが心地よいリズムを生み出している。
続いて、オルガンがうねりをあげ、
ベースもうねりをあげ、非常に勢いのある旋律を生み出す。
そして、吊り上げ・・・。

 再びパイプオルガンでの荘厳な音色。
ケフカの高尚なセリフが浮かんでくる。
スラムダンクの海南の牧のごとく(?)、絶対的存在。
ドラム挿入後もパイプオルガンは映えまくり、
不思議な展開に調和を生み出している。

 そして再びパーカッション! 15分ちょっと前
おぉ!!!ケフカの叫び(笑い)が!
溶け込んでいる!

 うーむ・・・すげー曲だ。
これを打ったMOMORUさんは、すごい。(^^;;;;;;;;;
再び戻った展開に、ベースのまばゆい光を感じた。
さしずめ、ポケモンのコイルが電磁波を発しているような感じである。

 そして再びパイプオルガンへ。
あぁ・・・・BlackMagesのアレンジの旋律が駆け巡る。
あれもかっこよすぎる。

 17分10秒過ぎ、再びケフカの叫び。
そして・・・。17分30秒手前、フェードアウト・・・。

15. 蘇る緑

 つづいて大曲が続く。
無論実況中継。

 ハープが哀しく響く。
本のページが風に繰られていくシーンが浮かぶ。

 カイエンのテーマ。
ティンパニとホーンが勇ましい。
そしてフルートのメロディー、ストリングスとホーン、小太鼓の伴奏。
頼もしい旋律だ。

 続いて・・・。
セッツァーのテーマ。
オーボエが美しすぎる!そしてホーン、再びオーボエ、またまたホーン。
入れ替わりも綺麗だし、後ろのストリングスも美しい。
セッツァーが関わる曲は、ストリングスが綺麗だ。

 続いて、エドガー・マッシュのテーマ。
やはりこの二人は金管だ。トランペット?が輝いている。
そして、フィガロを思わせるストリングスの旋律。
フィガロの熱く爽やかな風が駆け巡る。

 続いて・・・?
モグのテーマ。
ハープからリズミカルに刻むオーボエが小気味よい。
後ろでうるさいくらい輝くフルートがなかなか楽しい。

 次は・・・?
これは・・・。ウーマロのテーマだよね。

 太い・・・。太い金管だ。
そして高い笛だ。

 おぉ・・・早い。
次は、ゴゴのテーマか。

 実際のゴゴのテーマとほとんど変わらん感じである。
ちょっと元気がいいかな♪
ま、エンディング画面がおもしろいのでちょうど良いでしょう。

 そして、ガウのテーマ。
このフルートは良いなー!元の弦よりも綺麗ですよ?
そして主旋律は、オーボエですか!
あー、いいわー♪名曲だわー♪

 おー!!うまい!
そしてセリスのテーマへ流れるように。
この旋律も綺麗だなー!

 さらに、うまい!!!
自然にロックのテーマに!
この木管は勇ましいなー!かっこいいなー!
おーーぉ!泣かせるなー♪
このオーボエと木管の絡み、そして、
雄大なストリングス・木管のメロディー。
力強いなー♪いいなー。偉いなー!(?)

 むぅ。ハープが哀しい。
これは・・・。ティナのテーマですな。

 父マディンとの別れのシーンが印象的。
フルートとハープのみの旋律もどことなく寂しいし、
それに続いて入ってくるストリングスがこれまた切ない。
さようなら・・・。

 む!うまい!
続いてリルムのテーマ。

 このフルートはいいなー!オーボエの挿入もいい!
「おじいちゃん」よのう・・・。
ハープもかわいらしい。
なかなか引っ張りますねー。

 き、きた・・・。
うおー、シャドウのテーマ。

 これは哀しい!!!
インターセプターも哀しい!
ストリングスが切ない!!!!!!!
ハープもこみあげてくる涙を象徴するかのような旋律。

 ああ安らかに。

 そして、ちょっとへんてこなストリングスに乗ってあらわれるのは、
ストラゴスのテーマですなー。
メロディーよりも、パーカッションのドスンドスンに耳がいく。

 おっおっ?
これで終わりですか?
おー、終わりですか???

 うーむ、再び急展開!
脱出・雲を突き抜ける展開にふさわしい、
ストリングスの厳しい旋律。
そして、上空への飛行。
徐々に遅くなるテンポ、ゆったりするストリングス・・。

 そして安堵。
これは優しいやさしーい展開である。
この旋律はFF6のエンディングの隠れ主人公であろう。
しばらくこのまま聞いていよう。指も休みたいと言っている。

 おっ。力強く・・?
むーーーー、いいなー!
これはいいなー!これは何のテーマだったっけ?

 うおーー、すがすがしい!
これはすがすがしい!
金管の勇ましさのあと、ストリングスのメロディーの爽快感!
これは、ロックのテーマ並みにポジティブだ!
いいぞー!

 これは、セッツァー関係の曲かなー?
墓碑銘のメロディーやねー♪
おぉーー、いいなー!こりゃいいわー!!
爽やかすぎる。
胸が透き通る。心が洗われる。大空へ飛んでいきたくなる。

 さらにコーダみたいなとこへ突入。
世界は広いなー!空は高いなー!大地が雄大だなー!

 また戻ってきた♪
ええなー。ええなー。
・・・ええなぁ♪
ぼーーーー。(『バーバーハーバー』ネタ)

 何度繰り返しても、このテーマはいいなー。
素晴らしいわー。

 さて・・?
ティナのテーマですぞ。
フルート→オーボエ→フルート→ストリングスの順でメロディーが移行。
ちょっと寂しい感じ。
・・・トイレ行きたくなってきた。

 はい、安堵のテーマ。ほっ・・・。
現在17分38秒。

 そして・・・。
FFシリーズ共通テーマですな?
「FINAL FANTASY」
ストリングス基調で進行。美しく勇ましい。
子供が生まれるシーンである。
一オクターブ上がった旋律も高らかで美しい。
後半部は落ち着いて次の盛り上がりを思わせる・・・。
ティンパニ・小太鼓・ホーンが挿入。
曲に一気に広がりがでてきて、
ハッピーエンドであることを感じさせる展開を生み出している。

 そして・・・・・。
トランペットが上がり!
ストリングスが走り走り走り!
トランペットが鳴り!
ティンパニ・小太鼓が走り!
フルートが走り!
チューバが走り!
オーボエが走り!
シンバルが走り!
空高くへ、皆が飛んでいき・・・!!

 ・・・21分30秒過ぎ、終了!

16. プレリュード

 続いてプレリュードが鳴り響く。

 FF6のプレリュードは美しい!
本当に美しい!このハープは、何なんだろう!?
青白く光って、それでいて丸い!
宝石が連なるような旋律である。

 フルートの揺れで入るメロディーは、
乾きながらも広がりを持つストリングスとコーラスを従え、
ハープの輝きと相まって非常に調和の取れた高度な空間を演出している。
うひゃー!!フルートの高音、痺れる!!!!


 ・・・・終了!
皆さんお疲れ様でした!!
スポンサーサイト


FC2ブログランキング 



コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
集大成
妖星乱舞といいエンディングといい、
4~6までのエッセンスの集大成、と言った感じがしますね。
「SFCでのFFの最後に何か一発」といった植松氏の気概が
伝わってきますね。
十数年経って今だ色あせないのもすさまじいですが。

あ、そうそう、こちらでFF関連で最近見つけたイイモノをアップしときました。
興味があれば是非・・・。
2006/03/11(土) 01:01:05 | URL | byさすらい (#-) [ 編集]
意地
 まさしく、
「これがFINAL FANTASYの音楽だー!!」
という植松氏の意地みたいなのが光ってる気がします。
「これでもかっ!これでもかっ!」

 YouTubeは最近いろいろおもしろいことやってますねー♪
BlackMagesの映像はあまり見たこと無かったんで、新鮮でした。
ポーション関係のCMとか、テレビより先にここで見て、めちゃめちゃ喜んでました。(笑
もうちょっと軽くなるともっと使いやすいでしょうね♪
2006/03/12(日) 17:07:09 | URL | by会長? (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。